世界遺産とは?

世界遺産とは、人類にとっての共通の宝・財産として後世に伝えていくために、国際的に保護していくという目的のため、1972年にユネスコで世界遺産条約が採択されたのがはじまりです。


世界遺産はさらに、人間の手によって作られた建築物・遺跡などを「文化遺産」、地球が作り出した貴重な自然・地形などを「自然遺産」、その両方の価値をもつものを「複合遺産」として、3つの種類に分けられています。

世界遺産に登録されるためには、その価値を認めてもらうことはもちろん、将来的に適切に守っていくための仕組みが保有する国や地域にちゃんと整っているかなど、たくさんの厳しい条件をクリアする必要があります。


各国から推薦された「遺産」は、文化遺産についてはICOMOS(国際記念物遺跡会議)が、自然遺産についてはIUCN(国際自然保護連合)がその価値を専門的に調査し、その内容を基に世界遺産に登録されるかが決定されます。

登録を目指して活動を開始してから、実際に登録されるまで実に10年以上の年月がかかることもあるのです。