福岡の世界遺産旅行ブログ・旅行記その7(宗像大社・三池炭鉱)!日本遺産の大宰府天満宮の参道・本殿・御神牛|世界遺産ざっくりめぐり


訪問日:2018年3月14日(水)~15日(木)


福岡の世界遺産旅行ブログ・旅行記その1(宗像大社・三池炭鉱)はコチラ

福岡の世界遺産旅行ブログ・旅行記その2(宗像大社・三池炭鉱)はコチラ

福岡の世界遺産旅行ブログ・旅行記その3(宗像大社・三池炭鉱)はコチラ

福岡の世界遺産旅行ブログ・旅行記その4(宗像大社・三池炭鉱)はコチラ

福岡の世界遺産旅行ブログ・旅行記その5(宗像大社・三池炭鉱)はコチラ

福岡の世界遺産旅行ブログ・旅行記その6(宗像大社・三池炭鉱)はコチラ



三池炭鉱の世界遺産めぐりを終え、大牟田駅に戻ってきました。


せっかくここまで来たので・・・博多に戻る途中、大宰府に寄っていくことにしました。

個人的に『日本遺産』にも興味があり、大宰府には日本遺産がたくさんあるのです。

※日本遺産について詳しくは、姉妹サイトである「日本遺産の歩き方」にて紹介しておりまますので、もしよろしければそちらも見てみてくださいね。


ここから先は「世界遺産訪問」というわけではありませんが、よろしければ読んでみてください。


12:53大牟田駅発の西鉄天神大牟田線特急に乗車、西鉄二日市駅で西鉄大宰府線に乗り換え、13:46に太宰府駅に到着です。



駅前の観光案内所で情報を収集して・・・



太宰府天満宮の参道を歩いていきましょう。



この日は平日にも関わらず、参道から本当にたくさんの人でした。

特に外国人観光客の方がたくさんでしたね。



参道沿いにある「スターバックス 太宰府天満宮表参道店」さん。

独特の伝統的な木組み構造が存在感抜群ですね。

店内も見てみたかったですが、外国人観光客でたくさんでしたので、やめておきました。



参道を進むと石鳥居が見えてきます。



石鳥居そばにある太宰府天満宮案内所。



そして有名な御神牛像です。

“ごしんぎゅう”と読み、太宰府天満宮のご祭神、菅原道真公のお使いの牛なんだそうです。

「頭を撫でると賢くなれる」、また「けがや病気がある場所を撫でると快復する」とも言われています。

ここにも観光客の方がたくさんでした。



御本殿に向かうには、御神牛のところを左にすすみます。



太鼓橋・平橋・太鼓橋と三つの橋を渡ります。

境内の入り口側から順に、過去・現在・未来を表しているんだそうです。



心字池です。



三つ目の橋を渡ると、立派な楼門が見えてきました。



楼門横にある手水舎でお清めしてから進みましょう。



こちらが楼門です、

ちなみに楼門とは、二階建ての門のことです。



楼門をくぐり、御本殿に向かいましょう。



やはり大宰府天満宮といえば梅の木ですね。



こちらが大宰府天満宮の御本殿です。

国の重要文化財に指定されてます。



御本殿の向かって右側にある梅の木がご神木の白梅、「飛梅」です。

飛梅伝説で有名ですね。



御本殿に向かって左側にあるのが「皇后の梅(きさいのうめ)」です。

貞明皇后が大正時代にお植えになったそうです。



この御本殿周辺には特にたくさんの観光客がいらっしゃいました。



さぁいよいよ福岡の世界遺産(+日本遺産)をめぐる旅もラストスパートです!


この続きはまた次回のブログにて・・・

日本の世界遺産旅行ブログ・旅行記|国内の世界遺産一覧|世界遺産ざっくりめぐり

日本にはまだまだ素晴らしい世界遺産があります!世界遺産の旅行ブログ・旅行記です。あまり知られていない日本の世界遺産やちょっとしたトリビアなど、世界遺産に関する様々な情報も発信。京都・富士山・沖ノ島・白川郷・長崎・平泉など日本にある世界遺産の一覧や場所も紹介。細かい蘊蓄は抜きにして「ざっくり」と世界遺産観光を楽しみましょう。