一番高い世界遺産の建造物は?エッフェル塔?ピラミッド?|世界遺産ざっくりめぐり

2017年現在、世界遺産に登録されている建造物の中で一番高いのは何でしょう?


第一位はフランスのエッフェル塔です。

1889年に開催されたパリ万博の目玉・シンボルとして1887年に建設開始、1889年に完成しました。

※万博に間に合わせるために、僅か2年2ヶ月の建設期間でした


その高さは建設当時は312.3m、現在は放送用アンテナが設置され、324mとなっています。



ちなみに第二位はドイツのケルン大聖堂。

その高さは157m。


第三位はエジプトのギザの大ピラミッド。

その高さは現在138.74m(もとの高さ146.59m)となっています。


こうしてみてみると、エッフェル塔が圧倒的に高いんですね。

日本の世界遺産旅行ブログ・旅行記|国内の世界遺産一覧|世界遺産ざっくりめぐり

日本にはまだまだ素晴らしい世界遺産があります!世界遺産の旅行ブログ・旅行記です。あまり知られていない日本の世界遺産やちょっとしたトリビアなど、世界遺産に関する様々な情報も発信。京都・富士山・沖ノ島・白川郷・長崎・平泉など日本にある世界遺産の一覧や場所も紹介。細かい蘊蓄は抜きにして「ざっくり」と世界遺産観光を楽しみましょう。