古都京都・奈良の世界遺産をめぐる旅ブログ!奈良編④|春日大社の美しい釣燈籠に感動!神の使いの“鹿”に迎えられ参道を行く…|世界遺産ざっくりめぐり


訪問日:2017年12月23日(土)~24日(日)


古都京都・奈良の世界遺産をめぐる旅ブログ!奈良編①はコチラ

古都京都・奈良の世界遺産をめぐる旅ブログ!奈良編②はコチラ

古都京都・奈良の世界遺産をめぐる旅ブログ!奈良編③はコチラ



元興寺を後にして、奈良公園方面に向かうバスに乗るため、南に向かいます。

目指すは「田中町」というバス停です。



このあたり一帯は「ならまち」と呼ばれるエリアです。

もともと元興寺の境内だったところに町ができ、栄えたのが今のならまちの始まりなんだそうです。



江戸時代から明治くらいに建てられた建物が残されていて、町歩きにはなんとも楽しい雰囲気です。



ならまちもゆっくりと見てまわりたかったんですが・・・

今回は時間の関係で断念しました。


元興寺から5分ほどで、広い通りに出ました。

バス停「田中町」に到着です。



ここから奈良応通さんの市内循環バスに乗車、次の目的地である春日大社に行くために、「春日大社表参道」というバス停を目指します。



5分ほどでバス停「春日大社表参道」に到着です。



奈良公園といえば鹿さんですね。

早速お出迎えしてくれました。

これだけで軽くテンション上がります(笑)



バス停側から道路を渡り、参道を通って本殿に向かいましょう。



ここからでも歩いて10分ちょっとかかりますが、自然に囲まれて気持ちよく歩けそうです。

※ちなみにもっと西にある一乃鳥居からだと、さらに歩く距離は長くなります



■春日大社

綺麗なまっすぐな道が続きます。



右手には飛火野と呼ばれる広い芝生が広がります。

ちなみに『鹿よせ』が行われるのはココですね。



参道にも鹿さんがたくさんです。



この地では鹿は神様の使いとされています。


その理由は、春日大社に祭られている武甕槌命が、この奈良の地に白鹿に乗ってきたとされているからなんだそうです。



参道にはたくさんの石燈籠があります。



だんだん本殿に近づいてきました。



石燈籠と鹿さんの絶妙なショット(笑)



参道もいよいよ終盤です。

参道の両端にある石燈籠の数がどんどん増えていきます。


この鹿さんの佇まい、なんか威厳があったなぁ~。



二乃鳥居が見えてきました!



二乃鳥居に到着です。

ここを左に曲がると国宝殿、そして駐車場があります。

駐車場そばということもあり、このあたりから一気に人がたくさんに…



長い参道を歩くのはちょっと…という人はここまで車で来ることができます。

ただ、ハイシーズンではすぐに満車になってしまうとのことなので、ご注意ください。



二乃鳥居をくぐってすぐ左手に手水所があります。


鹿の姿をした珍しいもので、伏鹿手水所と呼ばれています。

その鹿が筒を口にくわえていて、そこから水が流れ落ちています。



奥に進むと階段が見えてくるので、そこを上ると南門です。



色鮮やかな朱塗りの門です。

大社正面の桜門でその高さは約12m、重要文化財にも登録されています。



南門をくぐると正面にあるのが幣殿です。

ここは参拝所になっています。

本来は天皇陛下のお供え物をおさめたり、宮中伝来の御神楽をするための場所なんだそうです。



ちなみにこの日は迎春準備・迎春のため、特別参拝は中止とのことでした。

残念!!



境内図が出ていました。



そしてあまりに有名な春日大社の釣燈籠です。



青さびた銅の釣燈籠。



とても美しい朱色の回廊側にも、たくさんの釣燈籠が。



ちなみに、春日大社の境内には石燈籠が約2000基、釣燈籠は約1000基あるんだそうです。



重要文化財でもある廻廊です。



帰りは、廻廊横のこちらの階段から抜けることもできます。



古より聖域とされてきた春日大社の境内は、何とも神秘的な空気で満ちていました。

今度はもっとゆっくりと訪れたいです。



参拝を済まして、二乃鳥居まで戻ってきました。



二乃鳥居の左手にある、国宝殿です。

なんともモダンな建物ですね。



国宝殿前の駐車場に「春日大社本殿」というバス停があります。

そこから、今度は「奈良・西の京・斑鳩回遊ライン」という路線バスに乗ります。


次の目的地は東大寺。

春日大社から歩ける距離なのですが、今回は少しでも時間を節約するためです(笑)


この続きはまた次回のブログで。

日本の世界遺産一覧・旅行ブログ|世界遺産ざっくりめぐりのススメ

日本にある世界遺産の一覧・場所。人気やおすすめのユネスコ世界遺産を実際に訪れた旅行記・観光ブログとともに紹介します。人気の京都・富士山・沖ノ島・白川郷・平泉などの登録資産の所在地まとめ。