古都京都・奈良の世界遺産をめぐる旅ブログ!奈良編③|興福寺から元興寺へ!国宝に指定された極楽坊本堂・禅室など見どころまとめ|世界遺産ざっくりめぐり


訪問日:2017年12月23日(土)~24日(日)


古都京都・奈良の世界遺産をめぐる旅ブログ!奈良編①はコチラ

古都京都・奈良の世界遺産をめぐる旅ブログ!奈良編②はコチラ



興福寺から今度は元興寺を目指します。

歩いて10分ほどの距離です。



興福寺前の「興福寺五十二段」を下って、南に向かいます。

興福寺周辺は人がたくさんでしたが、歩いていくとだんだん静かな雰囲気になってきます。


■元興寺

元興寺に到着です。



東門です。

鎌倉時代の建築で、東大寺の門を移築したものです。

国の重要文化財に指定されています。



元興寺は蘇我馬子が飛鳥に建立した法興寺がその前身で、日本最古の寺院です。

南都七大寺の1つにも数えられています。



東門の左手で拝観受付をして境内に入りましょう。



東門から入って正面に見えるのが、極楽坊本堂です。

国宝に指定されています。



本堂を横から。



元興寺講堂跡礎石です。

平成10年(1998)に元興寺西側の中新屋町で発掘されたんだそうです。



収蔵庫(宝物殿)です。



境内の南西部にある浮図伝です。

境内周辺から集められた石仏を並べています。



極楽坊禅室です。

奈良時代の官大寺僧坊遺構で、本堂と同じく国宝に指定されています。



北門です。

この門から境内には入ることはできません。



閼伽棚です。『あだたな』と読みます。

本堂外側、北西の位置にあります。

鎌倉時代に造られたもので、本堂に付随し、こちらも国宝に指定されています。



閼伽とは、仏教において仏前などに供養される水のこと。

閼伽を供える棚を『閼伽棚』と呼んでいます。



かえる石です。

本堂の北側にあり、もとは大阪城にあったそうです。


「無事かえる」

「福かえる」

という願いをかなえてくれるんだとか。



時計と逆回りに境内をまわり、本堂正面まで戻ってきました。



かつては「北寺の興福寺、南寺の元興寺」と称されるほど、広大な寺地を有していたといいます。

※現在のならまちエリア一帯が境内だったそうです!


興福寺に比べると観光客の方もそこまでいらっしゃいませんでしたが、是非おすすめです。



次は奈良公園方面に向かいましょう。


この続きはまた次回のブログで。

日本の世界遺産一覧・旅行ブログ|世界遺産ざっくりめぐりのススメ

日本にある世界遺産の一覧・場所。人気やおすすめのユネスコ世界遺産を実際に訪れた旅行記・観光ブログとともに紹介します。人気の京都・富士山・沖ノ島・白川郷・平泉などの登録資産の所在地まとめ。