京都・奈良の世界遺産旅行ブログ・旅行記 京都編その2!西本願寺の御影堂・阿弥陀堂!早朝の京都世界遺産訪問パート②|世界遺産ざっくりめぐり


訪問日:2017年12月23日(土)~24日(日)


前回のブログ記事(京都・奈良の世界遺産旅行ブログ・旅行記 京都編その1)はコチラ



京都の早朝世界遺産めぐり、東寺から次は西本願寺を目指します。

※歩いても行ける距離ではありますが、今回は時間短縮のためにバスに乗りました



東寺の近くのバス停「東寺東門前」から市バスに乗車します。



「七条大宮・京都水族館前」というバス停で下車。

ここから歩いて西本願寺を目指します。



バスを下車したら東の方向に進み、堀川通りに向かって歩きます。



堀川通りに出たら、左に折れて今度は北方向へ。



興正寺を左手に見て・・・・さらに直進しましょう。



次に左手に見えてくるのが北小路門。

この時間だったからなのか閉まっていました。

※今思い返すと、ここが閉まっていたために「唐門」を見逃すことに(涙)

それはまた後程・・・



■西本願寺

西本願寺に到着です。



御影堂門です。

なんとも重厚な雰囲気ですね。



開門はAM5:30!早朝散策派の私にはうれしいかぎりです(笑)



ここから境内に入りましょう。


御影堂をくぐって正面にあるのが御影堂です。

大変大きな木造建築で、奥行き48m・幅62m・高さ29mあるんだそうです。



木で彫られた等身大の親鸞聖人の御影が安置してあります。



御影堂の前面にある柱には「沓石」というものが使われています。

沓石とは柱や縁側の束柱を受けるために用いた石のことです。


見てみると石ではなく木に見えますが、隙間から中を見てみると中身は確かに石でした。



その右の位置(北方向)にあるのが阿弥陀堂です。

お寺のご本尊である阿弥陀如来が安置されているお堂です。



こちらも大変大きな建築で、奥行き42m・幅45m・高さ25mあります。



御影堂と阿弥陀堂は渡り廊下で結ばれています。

奥が御影堂で手前が阿弥陀堂です。



広い境内を散策してみましょう。



西本願寺は「お西さん」とも呼ばれている大変大きなお寺です。

御影堂や阿弥陀堂をはじめとする、桃山時代~江戸時代の貴重で価値ある建造物がたくさんあります。

※今回は見れませんでしたが豪華絢爛な唐門、飛雲閣などももちろんそうですね



大銀杏です。

樹齢はなんと400年!枝を横に広げる珍しい銀杏です。

京都市指定の天然記念物です。



経蔵です。

こちらは国の重要文化財です。



御影堂の向かって左にあるのが、龍虎殿です。

本願寺寺務所です。



境内には総合案内所もありました。

中では座ってゆっくりと休憩することもできます。



帰りは阿弥陀堂門から堀川通りに出ました。

こちらも大変立派な門ですね。



最後に、堀川通から見た太鼓楼。

あの新撰組にゆかりがあるそうです。



1864年の池田屋騒動以降、新撰組は1865年3月に手狭になった壬生の屯所から西本願寺に本陣を移しました。

その際、主に北集会所とこの太鼓楼を使用していたんだそうです。


場所は西本願寺の東南の位置です。

国の重要文化財となっています。



それでは次の世界遺産、二条城に向かいましょう。


※補足

西本願寺を離れたあとに、「そういえば唐門を見ていないじゃん!」と気づきました・・・

楽しみにしていた国宝を見逃すという大失態!

次回の京都訪問の際の楽しみに取っておきます。。。


さて、早朝の京都世界遺産訪問もいよいよラストスパートです!

この続きはまた次回のブログにて・・・

日本の世界遺産旅行ブログ・旅行記|国内の世界遺産一覧|世界遺産ざっくりめぐり

日本にはまだまだ素晴らしい世界遺産があります!世界遺産の旅行ブログ・旅行記です。あまり知られていない日本の世界遺産やちょっとしたトリビアなど、世界遺産に関する様々な情報も発信。京都・富士山・沖ノ島・白川郷・長崎・平泉など日本にある世界遺産の一覧や場所も紹介。細かい蘊蓄は抜きにして「ざっくり」と世界遺産観光を楽しみましょう。