世界遺産から抹消されたものはある?「アラビアオリックスの保護区」「ドレスデン・エルベ渓谷」|世界遺産ざっくりめぐり

世界遺産は、「顕著な普遍的価値」存続の危機に直面すると「危機遺産リスト」というものに登録されます。


そこから、遺産の保護・保全をしていくための改善が行われるのですが、それでも状況の好転が見られない場合、その価値がなくなったと判断され、最悪世界遺産リストから抹消されることとなります。


では、現在までに実際に登録抹消されたものはあるのでしょうか?



2007年にオマーンの「アラビアオリックスの保護区」、そして2009年にはドイツの「ドレスデン・エルベ渓谷」の2件が、世界遺産リストから抹消されています。


「アラビアオリックスの保護区」はオマーンが1982年に設定した自然保護区です。

しかし登録後にオマーン当局が天然ガス・石油などの資源開発を優先させ、自然保護区の範囲を大幅に縮減、結果として世界遺産としての顕著な普遍的価値が失われたとして、2007年に抹消されました。

※これが世界遺産リストから抹消された初の事例となりました



「ドレスデン・エルベ渓谷」は2004年に登録された世界遺産で、ドイツの歴史的な都市ドレスデンとその周辺です。

これは、ドレスデンとその周辺に残る歴史的建造物群に加えて、周辺の自然と一帯になった文化的景観としての登録でした。

しかしその地には大規模な橋を作る計画が以前よりあり、2009年にその建設により登録を抹消されています。

日本の世界遺産旅行ブログ・旅行記|国内の世界遺産一覧|世界遺産ざっくりめぐり

日本にはまだまだ素晴らしい世界遺産があります!世界遺産の旅行ブログ・旅行記です。あまり知られていない日本の世界遺産やちょっとしたトリビアなど、世界遺産に関する様々な情報も発信。京都・富士山・沖ノ島・白川郷・長崎・平泉など日本にある世界遺産の一覧や場所も紹介。細かい蘊蓄は抜きにして「ざっくり」と世界遺産観光を楽しみましょう。